-コレステロールについて

2009年7月アーカイブ


[ドルチトール60錠]血中の脂質(コレステロール)が気になる方や血中の脂質(コレステロール)が多...

 

コレステロールを正常にするには、コレステロールが少ない方なら含まれる食品を食べ、コレステロールが多いのならば、食品や調理法に注意しなければなりません。

コレステロールは、一日当たり1~2g必要とされ、その内の60~70%は体内で合成されます。よって、食事としてコレステロールを補給するには300mgが一日の適正摂取量と厚生労働省によると設定されています。

健康な方なら、コレステロール値は一定に保たれるので、カロリーの高い物を食べ過ぎないように気を付けていれば特に問題は起こりません。

しかし、コレステロール値が高かったり、疲労や加齢などの状態だと数値が上昇してしまうようで、コレステロールを下げるような食事に切り替えていくことが大切です。健康の為には栄養バランスの良い食事は欠かせませんね。

コレステロールをコントロールするのにも、栄養バランスが取れて油脂が少なく、ビタミン・ミネラル豊富な食事を腹八分目になるように心掛けます。
食物繊維はコレステロール値を下げる事が知られていますから、野菜や海草も積極的に食べましょう。

加えて、料理油にはオリーブオイルなどの植物性を使って、善玉コレステロールを増やすのも食事面でのコツです。
コレステロールが基準値に保てるよう、食事に工夫するのは大切なことなのです。


コレステロールが高めの方に大正製薬 コレスケア30本(1ケース)

 

コレステロールには多くの働きがあることが判明しています。コレステロールは主に肝臓で作られ、人間の細胞膜の成分であり、動物の体を維持するには重要です。細胞膜の柔軟性を保って安定させる役目を持っていて、その為か、コレステロール値が下がりすぎると血管が破裂しやすくなると言われています。

我々の体のあらゆる組織にあり、肝臓・脊髄・脳といった臓器に大量に含まれます。また、コレステロールは胆汁の生成にも深い関連があって、脂肪の消化を助ける作用を持つ胆汁の前物質である胆汁酸は、コレステロールが原料となっています。

それから、コレステロールが元となって作られるものにはホルモンもあります。副腎皮質ホルモンのコルチゾール、性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンが作られる際に必要な成分とされます。

他には、コレステロールはビタミンA、D、Eなどに代表される脂溶性ビタミンの代謝にも作用しており、体が正常な機能を維持する為に重視されています。

コレステロールのこの働きが分かる前は、とかく健康被害の面ばかりがクローズ・アップされていましたが、詳しい働きが解明されてからは、健康診断などでもコレステロールの基準値を守るよう指導されるようになりました。

 

 猫の気持ち  無線LAN  老眼  穂のか

★ポイント10倍!9/11(金)9:59まで血清コレステロールが高めの方やおなかの調子が気になる方へ...

 

コレステロールを正しく理解するには、標準値を知ることも大切です。
自分の数値と比較して、コレステロールや中性脂肪のバランスが良いかどうか調べる事から生活習慣病対策が始まります。

コレステロールの標準値は、総コレステロールは220未満、善玉コレステロール(HDL)40以上、悪玉コレステロール(LDL)140未満、中性脂肪150未満です。この数値から大きく外れるようならば、何らかの対策が必要になってくるでしょう。特に、コレステロールが多い方は血液内の脂肪が高い状態であることからも、高脂血症から動脈硬化、更にはメタボリック・シンドロームを発症させるリスクが上昇し、注意が必要です。

ただし、統計的には長生きする方には、コレステロール値が高い場合が多いと言われるので、数値が高いからといっても必ずしも悲観することはないようです。

コレステロールは、HDLとLDL共に体に不可欠であり、適正なバランスが取れていれば健康体が長く保てるのです。加えて、コレステロール値に合わせて、BMIも知っておくと生活習慣病対策に役立ちます。BMIは肥満度の目安となり、身長(m)×身長(m)÷体重(kg)で求められ、標準は22です。

コレステロール値に注目しながら定期検診を受け、自分の数値に変化がないかどうか気を配るだけでも、生活習慣病などの予防に繋がるでしょう。

 

 自分で建てるログハウス  初心者でもできるSEO  女性用保険  駐車違反の反則金がタダになる方法

翌日配達!カイゲンの特定保健用食品コレステロールが気になる方に♪コレカット激安 カイゲン ...

 

コレステロールの数値は血液検査で調べます。職場の定期健診や人間ドックなどでは、血液検査は必ず行われる検査のひとつですね。
血液は絶えず入れ替わりを繰り返しており、およそ4ヶ月で新しくなるとされるので、こまめな検査を受けると病気予防や健康維持に役立ちます。

コレステロールが高いことで発症する高脂血症かどうかを調べるには、更に詳しい検査を受けるのが確実です。
高脂血症検査では12時間以上食事をせずに採血して、血中に含まれる脂質の量や割合を検出します。

これによって、コレステロールがどの程度体内にあるのか、善玉・悪玉、中性脂肪の割合も分かり、対処法の判断も付けやすくなります。
コレステロールは変化しても自覚症状がほとんどないとされる為に、生活習慣病などを防ぐには早期発見がとても重要です。

コレステロール値の変動から、生活習慣の改善を心掛けるようにします。今はメタボ検診も行われるようになり、健康への意識が更に高まっている時代です。コレステロールは以前なら中年以後の方が気にすることが多いものでしたが、成人前であっても生活習慣病で悩む患者が増えている事からも、定期的な検診は健康管理の上で重要です。
年に1回は是非受けておくようにしたほうが良いでしょう。

 

カテゴリー
更新履歴
コレステロールと食事(2009年7月30日)
コレステロールの働き(2009年7月30日)
コレステロールの基準値(2009年7月30日)
コレステロールの検査(2009年7月30日)
カテゴリー
更新履歴
コレステロールと食事(2009年7月30日)
コレステロールの働き(2009年7月30日)
コレステロールの基準値(2009年7月30日)
コレステロールの検査(2009年7月30日)