Top > コレステロールの基準値

コレステロールの基準値


★ポイント10倍!9/11(金)9:59まで血清コレステロールが高めの方やおなかの調子が気になる方へ...

 

コレステロールを正しく理解するには、標準値を知ることも大切です。
自分の数値と比較して、コレステロールや中性脂肪のバランスが良いかどうか調べる事から生活習慣病対策が始まります。

コレステロールの標準値は、総コレステロールは220未満、善玉コレステロール(HDL)40以上、悪玉コレステロール(LDL)140未満、中性脂肪150未満です。この数値から大きく外れるようならば、何らかの対策が必要になってくるでしょう。特に、コレステロールが多い方は血液内の脂肪が高い状態であることからも、高脂血症から動脈硬化、更にはメタボリック・シンドロームを発症させるリスクが上昇し、注意が必要です。

ただし、統計的には長生きする方には、コレステロール値が高い場合が多いと言われるので、数値が高いからといっても必ずしも悲観することはないようです。

コレステロールは、HDLとLDL共に体に不可欠であり、適正なバランスが取れていれば健康体が長く保てるのです。加えて、コレステロール値に合わせて、BMIも知っておくと生活習慣病対策に役立ちます。BMIは肥満度の目安となり、身長(m)×身長(m)÷体重(kg)で求められ、標準は22です。

コレステロール値に注目しながら定期検診を受け、自分の数値に変化がないかどうか気を配るだけでも、生活習慣病などの予防に繋がるでしょう。

 

 自分で建てるログハウス  初心者でもできるSEO  女性用保険  駐車違反の反則金がタダになる方法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
コレステロールと食事(2009年7月30日)
コレステロールの働き(2009年7月30日)
コレステロールの基準値(2009年7月30日)
コレステロールの検査(2009年7月30日)